岡山倉敷和菓子三昧

岡山の和菓子屋さん応援ブログ♪

倉敷美観地区食べ歩きレポートその1:藤戸饅頭

2007年4月上旬にお出かけした、岡山県倉敷市の観光地倉敷美観地区の食べ歩きレポートを何回かに分けてお送りします。

観光客の方にも役立つかな?と思い、出発地点は、倉敷駅にしました。食べ歩きを中心で約2時間ちょいのレポートです。2時間というと、結構長いと思いますが、食べつつ、ふらふら歩いていると意外とあっという間でした。

出発地点はJR倉敷駅

スポンサーリンク

午前10時ジャストくらいに、JR倉敷駅を出発して食べ歩きを始めようとしたのですが、遅れて現地到着。JR倉敷駅西ビルの駐車場に自家用車を駐車。30分100円。エレベーターで地下1階まで下りて、食べ歩きに備えてトイレをすます。

午前10時20分頃、いよいよ食べ歩き開始!西ビルの地下から、地下通路を通って、倉敷中央通り方面へ。JR倉敷駅正面から南側へ伸びる、倉敷中央通り方面の地上へ出ます。JR倉敷駅を背にそのまま南下。第一の食べ歩きスポットへ。

藤戸饅頭?スポットその1

地上へ出て、JR倉敷駅を背に倉敷中央通りを南下。車道を右手に左側の歩道を歩いていると、最初の信号で第一のスポット発見!というか、そこにあるのは知ってたのですが。車道の向こう側、ちょうど信号のある交差点の角にこじんまりとした和菓子屋あり。

そこに和菓子屋があることは、ずいぶん前から知っていたけれど、気にもしていなかったが、今回初めて、どこの和菓子屋かわかりました。おお、なんと「藤戸饅頭」ではないですか。

倉敷銘菓「藤戸饅頭」ご存知ですか?薄皮であんこを包んだ饅頭ですが、岡山の「大手饅頭」とよく似ていて、どちらがうまいかとか話題になったりもするあの「藤戸饅頭」。

昔のたばこやのような小さなガラスの引き戸をからからとあけて、「すみませ?ん」と声をかけると、奥からお店の女性が出てこられたので、わたしはもちろん「藤戸饅頭」、ほかの家族は「桜餅」を頼みました。

支払・・・「藤戸饅頭」53円×1個、「桜餅」105円×2個、合計263円

どこか、外で食べるところはないかと思い、きょろきょろと見渡すも、それらしきところはなし。ここはまだ、大通りだからまだ食べ歩きしてそぞろ歩きという雰囲気ではありません。もう少し行けば、確か小さな休憩スポットがあったはず、と和菓子の包みを手にそのまま、道なりに南下。

もう少し手前にその休憩スポットはあったような気がしましたが、実際には、美観地区入り口のスクランブル交差点のすぐ近くでした。「フラワーポッケ」というガーデンテラスっぽい本当に小さな休憩所です。

もう少し先に行けば、屋内の観光休憩所があるのですが、美観地区の入り口まで戻ってくるのも面倒なので、とりあえず、そこで腰掛けて、一つずつ買った和菓子をいただきました。曇天でなんとなくすっきりしない色味になってしまいましたが、桜餅と藤戸饅頭です。

070401fujito1.jpg

藤戸饅頭、あんこが柔らかくておいしい♪

070401fujito2.jpg

ああ、もうちょっとお土産に買えば良かった。たぶん、食べ歩きが終わる頃には、忘れているか、疲れてあそこまで戻れないかどちらかでしょう。(結局、忘れてました。)

さて、藤戸饅頭を食べたら、いよいよ本日のメインイベント、美観地区の橘香堂で手作りむらすずめ体験です。

続く >>>

倉敷美観地区食べ歩きマップ

スポンサーリンク

トラックバック(1)

岡山県倉敷市の銘菓 藤戸饅頭:LOVE MY BOOM!(2008年10月13日 08:58)

倉敷の伝統あるお菓子、藤戸饅頭。 ぜひ一度食べてみてください。