岡山倉敷和菓子三昧

岡山の和菓子屋さん応援ブログ♪

可愛いふくろう6種類♪ふくろう美術館のふくろう饅頭

ふくろう饅頭:ふくろう美術館:総社市岡谷

地元の雑誌でふくろうのお饅頭があるという情報を手に入れ、買いに行きました。ふくろう美術館の限定品「ふくろう饅頭」。なんとふくろうの種類は6種類!

070410fukuro3.jpg

スポンサーリンク

ふくろう美術館でもお抹茶と一緒にいただけるようです。

食べてはないのですが、どうやらお抹茶とふくろう饅頭がどれか一つ出てくる様子。

ふくろう美術館でのんびりいただくのも良いけれど、しかし、ここは、やはり6種類全部コンプリートしたいので、お持ち帰りの6個入り1260円というのを買って帰りました。

これがお持ち帰りしたふくろう饅頭。

070410fukuro1.jpg

しおりにもなる、アイテムを貼ってくれていました。

070410fukuro2.jpg

箱を開けた途端、家族全員、「うわー、可愛いー♪」と思わず声が。争奪戦が始まりました。

070410fukuro3.jpg

駆け引き+じゃんけんでなんとか割り振りました。よって、本日は、断面図はなしです。

まずは、一番人気、きんとんのふくろう。中はこしあんに、小豆をちょっと混ぜた感じのあんこ。

070410fukuro4.jpg

次は、練り切りのふくろうその1。中は白あんだったかな?次から次へと撮影しつつ、みんなが中身を見せてくれるので、ちょっと混乱。違ってたら、ごめんなさい。

070410fukuro5.jpg

ついで、左が、パパが食べた桃山のふくろう。

070410fukuro6.jpg

練り切りふくろうその2。

070410fukuro7.jpg

さらに、5つめのふくろうは大福?あるいはお餅?外の茶色いところは、ニッキでしょうか?生八つ橋と同じ匂いがしました。

070410fukuro8.jpg

ラストは、薯蕷饅頭のふくろう。茶色いところは、やっぱりニッキっぽいです。

070410fukuro9.jpg

このふくろう饅頭、作っているのはこのふくろう美術館ではなく、とある和菓子屋さんで作っていただいているようです。

でも、売ってるのはここ、ふくろう美術館だけとか。

うーん、コレクター心をくすぐられますね。

興味のある方は、岡山吉備路へお越しの際は、是非ふくろう美術館へ!

さて、ふくろうって縁起も良いそうですね。ふくろう饅頭たらふく食って家族全員笑顔になりました♪また、買いに行きたいです♪

■ ふくろう美術館のサイトはこちら >>>
ふくろう美術館の場所は、サイト案内「アクセス」内の、グーグルマップで確認できます。

スポンサーリンク

コメント(2)

凝ってますねぇ!!!
こんなのお土産でもらったら、すごい感動!確かに笑顔になりそうです。
(それにしても本当に毎回写真がきれいです)

わださん、こんにちは。
そうなんですよ、とても凝っているので、開けてみてびっくりしました。
(ありがとうございます。でも、わださんの写真もすごいです。いつぞやのケーキ思わずよだれが・・・という感じでした。)