岡山倉敷和菓子三昧

岡山の和菓子屋さん応援ブログ♪

春を呼ぶうぐいす餅

春の和菓子と言えば、うぐいす餅ですが、実は、あまり食べたことがなかったので、お店で見かけた際に買ってみました。こちらは、おもちの黒川さんのうぐいす餅。

080309uguisu1.jpg

スポンサーリンク

うぐいす餅:おもちの黒川:倉敷市

たまたま、ほかのお店のうぐいす餅も売られていたので、比較できたのですが、合成着色料を使っていない「おもちの黒川」さんのうぐいす餅は、華やかで鮮やかな色味ではありませんが、自然な抑えた発色でむしろ好感が持てました。

中は、つぶあん。

080309uguisu2.jpg

うぐいす餅というのは、一体なんでうぐいす餅なのか、と常々思っていましたが、春告げ鳥のうぐいすと同じ色なのでうぐいす餅みたいですね。

普通きな粉というと、黄色とベージュの中間色のような色ですが、うぐいす餅の場合は、青大豆をきな粉にして、緑っぽいきな粉を作るようです。

おもちの黒川さんのうぐいす餅は、よもぎも使っているようで、食べた感じは、普通に餡餅でした。雰囲気を味わう春の和菓子ですね。

スポンサーリンク