岡山倉敷和菓子三昧

岡山の和菓子屋さん応援ブログ♪

雲水4月の上生菓子、鯉のぼりが可愛い

姫路菓子博へ行くつもりでしたが、体調が思わしくなく、とても3時間炎天下でパビリオンの入場待ちはできそうもないので、あっさりあきらめ、この連休は地元で和菓子を食べ歩くことにしました。

080427unsui1.jpg

スポンサーリンク

まず第一弾は倉敷市田ノ上の和菓子店「雲水」。大通りからは一本中に入った大高街道沿いにある和菓子屋さんです。こじんまりとした控えめな店構えですが、ここの和菓子、わたしは大好き。

五月晴れ(さつきばれ):雲水

雲水の上生菓子は、とてもセンスが良くて、毎回、全部買いたくて、でも買えないので、どれを買って帰ろうかと本当に良い意味で悩んでしまいます。だって、あれもこれも、本当に可愛いんですもの。

今回選んだのは、まず、鯉のぼりの上生菓子「五月晴れ」。練りきりでしょうか。ふと気づけば、四月も終わり。もうすぐこどもの日ですものね。

080427unsui2.jpg

鯉の目玉は、羊羹製。中はこしあん。

山吹:雲水

山吹は、春の季語。晩春から初夏を彩る花だそうです。

080427unsui3.jpg

中はつぶあん。まわりの山吹の花びらに模しているのは、羽二重餅かな?

080427unsui4.jpg

清流:雲水

いかにも目に涼しげな「清流」。これは、錦玉羹の中に、練りきり生地を入れたものでしょうか?

080427unsui5.jpg

以前、いただいたよその錦玉羹は、見た目重視で、味は・・・という感じでしたが、雲水の錦玉羹は、甘さもあっさりして、美味しかったです。

080427unsui6.jpg

中の小豆は、川に転がる小石でしょうか。夏の到来を予感させる和菓子です。

ほかにももっとたくさん、上生菓子がありました。わらび餅もあって、あとで気がついたので、買い損ねてしまいました。今度は、絶対買う!

雲水の和菓子オススメです♪

スポンサーリンク