岡山倉敷和菓子三昧

岡山の和菓子屋さん応援ブログ♪

ひらいの栗きんとんが美味、上生菓子「いちょう」「松茸」

栗きんとん:ひらい:倉敷市玉島

ひらいで初めて栗きんとんを見かけたので、試しに買ってみました。

081023kuri1.jpg

スポンサーリンク

良平堂の栗きんとんとか、新杵堂の栗きんとんとか、ふる里総本家の栗きんとんとかと比べると、絞りの形がなんとなく違います。ちょっとずんぐりむっくりな感じ。

081023kuri2.jpg

色的にも栗の渋皮を使っているのかなあ、という感じ。

081023kuri3.jpg

原材料を見てみると、手亡(白あん)も使っているようすです。

081023kuri4.jpg

白餡使って、どうだかなあと思ったのですが、いただくと、意外にも栗の趣きたっぷりで、「ほー、これは、これは。」と思わず独り言をつぶやき、にっこりほほえんでしまう美味しさ。やっぱり栗の渋皮を使ってる味がします。

081023kuri5.jpg

わたしだけかと思って、栗好きの主人にも食べさせると、「お!うまいな、これ。」とにこにこ顔。

また、見つけたら買おうと思っているのですが、あれからひらいで見ても出会えません。う?ん、季節限定品だったか、あるいは、朝一番で行けばあるのか?もう一度見かけたら、絶対ゲットしようと思います。

上生菓子「いちょう」

いちょうの練りきり(?)。シンプルな形に放射状の筋が美しいです。

081023kuri6.jpg

中はこしあん。

081023kuri7.jpg

上生菓子「松茸」

薯蕷饅頭(たぶん)の松茸。

081023kuri8.jpg

ほとんど松茸なんて食べないのですが、それでも店頭で見たり、こうして、上生菓子の意匠として取り入れられているのを見ると、なぜかウキウキしてしまう自分は、やっぱり日本人なのだな、と思ってしまいます。

081023kuri9.jpg

中はこしあん。

081023kuri10.jpg

スポンサーリンク