岡山倉敷和菓子三昧

岡山の和菓子屋さん応援ブログ♪

源平の戦いに起源を発する倉敷の藤戸饅頭

藤戸饅頭:藤戸饅頭本舗

倉敷を訪れたら、是非召し上がっていただきたいおまんじゅうがあります。

それが、藤戸饅頭本舗の藤戸饅頭。

先日、倉敷市街へ出向く用事があったので、早速ゲットしてきました。

111005fujito1.jpg

スポンサーリンク

本店は倉敷駅からは遠いですが、JR倉敷駅の売店で手に入ります。

111005fujito2.jpg

藤戸饅頭の起源は意外に古く、源平合戦の古戦場でもある倉敷市藤戸地区で、源平合戦時の供養のために作られたのが始まりであり、現在の藤戸饅頭の形となったのは、江戸末期らしいです。

参考資料:藤戸饅頭:ウィキペディア

岡山でも備中は小豆の産地ですから、意外と和菓子の歴史が古かったりしますね。

実はこの藤戸饅頭、同じく天保年間に創業した大手饅頭とよく似ているところから、岡山県民の間でも、どちらが美味しいか論争の絶えない饅頭ですので、出来れば両方手に入れて、食べ比べてみることをおすすめします。

111005fujito3.jpg

大手饅頭はたぶん岡山駅で手に入るんじゃないかな。

倉敷でも、天満屋のデパ地下で買うことができると思います。

なかなか、わざわざ食べ比べている人も少ないでしょうから、ちょっと小ネタにできるかも☆

さて、こちらが藤戸まんじゅう。

111005fujito4.jpg

たっぷりのこしあんが、薄い皮につつまれています。

111005fujito5.jpg

まさに、あんこを食す饅頭と言っても過言ではないでしょう。

111005fujito6.jpg

味は、結構甘めかも。でも、甘いの好きだからいい!

藤戸まんじゅうの原材料。いい仕事してる。

111005fujito7.jpg

記事を書いてたら、また藤戸まんじゅう食べたくなってきた・・・。

今度は、大手まんじゅうも買ってきて食べ比べしよう!

スポンサーリンク